住宅ローン審査 ローンに掛かる諸費用は?

住宅ローンで融資を受ける場合の諸費用については、各金融機関によって変わって参ります。

一般的な項目としましては、下記の項目が掛かって参ります。

 

①事務手数料

②保証料

③印紙代

 

①事務手数料

メガバンクにつきましては、32400円(税込)となります。

金融機関の中には事務手数料が融資金額の2%程度の所もございますが、

そういった金融機関は下記でご説明する所の保証料が掛からないケースが殆どです。

メガバンクについては、事務手数料が安い分保証料が融資金額によって必要になります。

 

②保証料

万一住宅ローンの支払いが困難になった場合に、銀行は保証会社への保険を掛けます。

そのために支払うお金が保証料になり、住宅ローン審査事態も保証会社が行う事が多いです。

保証料額の例を上げると:融資金額3000万円 期間35年ですと保証料は約61万円程度になります。

但し自己資金が無いお客様へはこの保証料を金利に上乗せする事も可能です。

金融機関によって異なりますが、おおよそ0.2%~0.3%程度です。

先払いと利息に組み込む支払い方法はどちらが安いかと言うと、先払いの方が若干お得になります。

 

また、保証料の不要の金融機関(ネットバンクや住宅金融支援機構(フラット35))もございますが、

事務手数料が2%程度の場合が多いので、保証料を支払うのとほぼ変わらないと言えます。

 

③印紙代

住宅ローンの融資額により変わりますが、5,000万円以下の融資であれば約2万円程度です。

ご夫婦でのペアローンの場合は、各々に掛かります。

 

住宅ローン諸費用の見積もり例

☆メガバンクの場合で融資額3000万円の場合

事務手数料:32400円

保証料:約61万円

印紙代:2万円

 

合計約662,400円

 

マイホーム購入に住宅ローンを利用される方はほとんどかと思いますので、大凡の費用をご参考にして頂ければと思います。